第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

BMW 325iT 車両保険でコーティング再施工

車両保険で自損事故を修理した際のボディーコーティングの再施工事例をご紹介致します。
狭い路地で左側面とフロントバンパーの右側を傷付けてしまい、損傷範囲も広いことからお客様の車両保険を使ってBMWを修理させて頂きました。

このBMW325iTは以前弊社でボディーコーティングの施工をさせて頂いており、オーナー様に保管して頂いていた施工証明書から、コーティングの 保証期間であることが損害保険会社に認定してもらえたので、板金塗装作業が完了した後に塗装した範囲の再施工をさせて頂きました。

施工料金もポリマー加工などと比べて高く、効果の持続期間も長いコーティングはメーカーや施工店が発行する期間有効な施工証明書を提示すれば、ほとんどの保険会社は再施工を認定してくれます。
但し、全体ではなくあくまでも保険修理で塗装した部位に限っての施工となります。

今回のケースでは左側面のパネル、ドアミラーカバー、前後バンパーが塗装範囲でしたので、この部分のコーティング作業が認定されました。

bmw 325iT-20110220

板金作業、下地処理が終わると、ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中でBMWの塗装作業を行います。

bmw 325iT-20110220

bmw 325iT-20110220

takumi_booth1

インターパシフィックでは2機の塗装ブースを保有しております。緻密なフィルターでゴミやホコリを除去した新鮮な空気を天井から床に向けて圧送する仕組み になっており、排気装置を経て屋外に放出されます。ブース室内全体がエアーカーテンのような状態で、約15秒に1回、室内の空気が入れ替わる程の換気が行 われています。

BMW 325iT -20110220

インターパシフィックではボディーコーティングを施工した後にも、塗装同様に車を塗装ブースに入れて60℃×1時間、加熱乾燥させます。

加熱乾燥によってコーティング被膜の化学結合を促進させ、耐久性により優れた被膜を完成させることができるのです。これを焼付コーティングと称しています。

今回のBMW325iツーリングは部分施工でしたが、その他のパネルもメンテナンスさせて頂き、すっかりピカピカになりました。
このたびは神奈川県横浜市よりご来店頂き、インターパシフィックにBMW325iツーリングの板金塗装とコーティングをご用命くださり誠にありがとうございました。


お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ