第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

アバルト695 トリビュートフェラーリ ボディーコーティング施工

アバルト695 -20110907

アバルト500をベースにし、アバルトとフェラーリのコラボレーションで作られたアバルト695 トリビュートフェラーリのコーティング事例です。
新車の内にしっかりコーティングを施しておきたいとのご要望で東京都内にお住まいのお客様より、焼付コーティングを依頼されました。

今回は水滴をしっかり弾きつつも水切れが良い、「排水性」のコーティングを施工させていただきました。
新車とは言え、先ずはしっかりボディーを研磨します。数種類のバフやコンパウンド、そして回転の違うポリッシャーを使い分けロッソコルサのボディーをピカピカに磨き上げます。

ボディー表面を脱脂した後、コーティング液を塗布します。ボディーに塗布したコーティング剤が定着したら、丁寧に拭き上げます。

塗装作業で使用する塗装・乾燥ブースにトリビュートフェラーリを入れ、バーナーを着火させてブース内を加熱します。60℃×1時間の加熱乾燥により、コーティングの被膜を完全硬化させます。
こうすることで耐久性に優れたコーティング被膜が完成するのです。

日頃のお手入れは、水洗い洗車の後に時々付属のメンテナンス剤をスプレーしクロスで拭き上げて下さい。コーティングが一層長持ちします。


お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ