第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

フィアット アバルト 695 TRIBUTO FERRARI コーティング事例

納車されて間もないフィアット アバルト 695TRIBUTO FERRARIのコーティング施工事例をご紹介します。
新しいうちにボディーとアルミホイールにコーティングを施工したいとのことでお車をお預かりしました。

 

せっかくきれいにするのだから、コーティングの前に早速傷付けてしまった右フロントのアルミホイールを修理して塗装します。

 

さらに、左のドアエッジに着いた傷も部分的に修理塗装します。

これでアバルト695FTは無傷となりましたので、ポリッシャーを使ってボディーをしっかり磨き上げます。

新車時に塗布されたガードワックス(納車までの間の雨染み防止、水溶性なので洗えば落ちる)がボディーに残っていたようで、それもしっかり除去します。

研磨作業が終わるとコーティング液を塗り込みます。充分に定着させた後拭き上げます。今回は水切れ性の良い排水性のガラスコーティングを施工しました。

お車の保管が屋外の車庫なため雨染みやウォータースポットが付きにくいタイプのコーティングをお選びいただきました。

作業が終わると60℃×1時間の加熱乾燥を行います。これによりガラスコーティングの被膜を完全硬化させ、耐久性に優れた被膜を完成させるのです。

日頃のお手入れは、水洗い洗車の後に時々付属のメンテナンス剤をスプレーしクロスで拭き上げて下さい。コーティングが一層長持ちします。


お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ