第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

プジョー 307CC ボディーコーティング施工

プジョー 307CC-20100819

プジョー 307CCのボディー コーティング施工事例をご紹介します。
新車でプジョー 307CCを購入して数年、あまり車のお手入れもせず、屋根無しの駐車場で保管していました。オーナー様は夏休みに車で北海道旅行に行くのを機に愛車をリフレッシュしようと、ボディー コーティングウインドウガラスの撥水コーティング施工をご依頼くださいました。

お車の保管状況やお手入れの手軽さから、低撥水、防汚タイプのコーティングをお奨めしました。このコーティング剤は撥水性のガラスコーティングに比べ水切れ性に優れていることから、排水性と称しております。ウォータースポットや水垢が付きにくいタイプのコーティングです。

プジョー 307CCのボディーには鉄粉やウォータースポット、そして数年間で付いた細かな傷や汚れが沢山ついていました。
洗車、タイヤ&ホイール洗浄、室内クリーニングを済ませてから、数種類のバフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーでプジョーのボディーを徹底的に磨き込みます。かなりてこずりましたがピカピカに仕上がりました。
研磨作業が終わるとボディーの脱脂を行い、コーティング施工を行います。

コーティング作業が終わると、塗装・乾燥ブースにプジョー 307CCを格納し、60℃×1時間の加熱乾燥を行います。
この熱処理よりコーティング被膜の硬化が促進され、一層強固な被膜が完成するのです。

ボディーコーティング施工後の日常のお手入れは水洗い洗車で充分です。また付属のメンテナンスコンディショナーを月に1回程度お使い頂くとコーティングの効果が一層長持ちします。

ウインドウガラスも専用のポリッシャーとコンパウンドでガラスを全面研磨し、油膜や雨じみ等の除去を行ってからウインドウガラス専用の撥水コーティング剤を塗布します。
ウインドウガラスコーティングは優れた撥水性能により、雨の日のドライビングも快適にします。油膜や汚れも付着しにくくなり、お手入れも楽になります。

お車の引取りにご来店されたオーナー様は、新車のようにピカピカになったプジョー 307CCをご覧になり、嬉しそうに愛車のまわりをぐるぐるして、いろんな角度から眺めてはニコニコしていらっしゃったのがとても印象的でした。そしてそ のまま北海道旅行にお出かけになりました。

このたびはインターパシフィックにプジョー 307CCのコーティング施工をご用命くださり、誠にありがとうございました。すっかりキレイになったプジョーを大切になさってください。


お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ