第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

ポルシェ カイエンターボ ボディーコーティング施工事例

ポルシェカイエン-20111214

東京都新宿区にお住まいのお客様よりポルシェ カイエンターボのコーティングを依頼されました。
ポルシェディーラーで認定中古車として購入したとても程度の良い素敵なカイエンターボです。

今回は排水系のボディーコーティングとウインドウガラス、アルミホイールの撥水コーティングを施工させていただきました。

ポルシェカイエン-20111214

また、コーティングと同時に左のドアミラーカバーとドアエッジに付いた傷の修理 塗装も依頼されました。
内外装ともに新車と見紛うほど綺麗なカイエンですが、左のドアミラーとバックドアを含めた5枚全てのドアのエッジにちょっとしたキズがついていました。
たしかに塗装してこれらを修理すれば無傷のポルシェカイエンになります。お客様はこれらの傷が気になるとのことで、コーティングの施工と一緒に傷の修理も依頼されました。

ポルシェカイエン-20111214

ドアはエッジの傷を綺麗に削り落してから、写真のように渕だけをマスキングします。

塗装後に塗料の段差が出ないようにマスキングテープに細工をして養生しますので、完成すると目を凝らして見ても修理跡は全く判らなくきれいに仕上がります。

ポルシェカイエン-20111214

ドアミラーはカバーだけを分解し、塗装ブースのなかで、塗装します。

作業の順序としては、まず傷の修理が済んでからボディーの磨き作業とコーティング施工を行うのですが、これらを一貫して自社で行えるのが板金塗装工場であるインターパシフィックの強みです。
ドアエッジの塗装はとても繊細な作業ですので、どこをどのように塗装したかを分かったうえで車を磨くのと、どこか知らない板金塗装工場で作業した車を研磨するのでは大違いです。

お客様よりポルシェカイエンターボの保管状況やお手入れ方法などをお聞きした結果、低撥水、防汚タイプのコーティングをお勧めさせて頂きました。このコーティング剤は大変水切れ性に優れていることから、排水性と称しております。ウォータースポットや水垢が付きにくいタイプのコーティングです。
コーティング施工後は塗装・乾燥ブースに車 を入れて、60℃×1時間の加熱乾燥を行います。
この熱処理よりコーティング被膜の硬化が促進され、一層強固な被膜が完成するのです。

またボディーコーティング施工後の日常のお手入れはとても簡単、水洗い洗車で充分です。洗車の後に付属のメンテナンスコンディショナーを月に1回程度お使い頂くとコーティングの効果が一層長持ちします。

このたびはインターパシフィックにポルシェ カイエンターボのコーティングをご用命いただき、ありがとうございました。


2011年12月14日 | ポルシェ コーティング

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ