第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

ポルシェ997 カレラS カブリオレ コーティング施工事例

2

ポルシェ 997 カレラS カブリオレのボディーガラスコーティング施工事例をご紹介します。

前回コーティングを施工してから2年程経ち、ボディー全体に小キズも目立ってきたので、オーナー様は再度ポルシェにコーティングを施工してもらおうと思ったそうです。

ただ、前回コーティングを施工してもらった店は引越してしまったため、インターネットで検索しているうちにインターパシフィックの焼付コーティングと完璧主義のキャッチコピーが目に留まったそうで、ポルシェのコーティング施工をご用命くださいました。

洗車、ホイール洗浄、鉄粉除去、室内清掃などの下準備を終えると、ボディーの磨き作業を行います。

カラーベースや素地に達していない、クリア層で止まっている浅い傷は全て磨き落とし、新車時の塗装の艶を復活させます。

塗膜の状態に応じてポリッシャー、バフ、コンパウンドの組合せを変えて数工程の磨きを入念に行います。

コーティング施工で一番手間がかかるのはこの磨き作業です。全体の8割位の時間が磨き作業に費やされます。

3

ボディーがピカピカに磨き上がったら、いよいよコーティング剤を塗り込みます。

今回は防汚、水切れ性に優れた排水型のガラスコーティング剤を使用しました。

施工後のメンテナンスもお客様ご自身で楽に行える、ご好評頂いているガラス系コーティングです。

5

コーティング剤を塗り込むと液剤が乾いて、被膜が定着していきます。

同時に余剰成分は揮発して表面に浮かび上がってきて、汗をかいたようになってきます。

4

気温にもよりますが、数十分経過すると、表面は乾いて艶がすっかり引けた状態になります。

この状態になったら、専用のクロスで丁寧に拭き上げます。

1

コーティング作業が完了したら、ポルシェを塗装乾燥ブースに入れて、バーナーを点火させます。

15分もすると、ブース内の温度は60℃になり、1時間しっかり加熱乾燥を行います。

こうすることで耐久性の高い、ガラスコーティング被膜が完成します。

このたびはインターパシフィックにポルシェ カレラSカブリオレのボディーガラスコーティング施工をご依頼頂き、誠にありがとうございました。

艶艶によみがえったポルシェ、どうぞ大切にお乗りください。

 


2013年10月25日 | ポルシェ コーティング

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ