第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

トヨタ クラウン ボディーコーティング施工事例

トヨタ クラウン-20100909

新車で購入し、納車されたばかりのトヨタ クラウンのボディー コーティング施工事例をご紹介致します。
オーナー様はどこにクラウンのコーティングを依頼しようかと、インターネットでいろいろ検索したそうです。そしてある時インターパシフィックのホームページが目に留まり、「焼付コーティング」に大変興味を持って下さいました。

焼付コーティングはコーティング施工後に 塗装乾燥ブースに車を格納し、加熱処理を行うのですが、当社で使用しているコーティング剤が加熱乾燥させなくては性能を発揮しないコーティング剤と いうのではなく、基本的にどんなコーティング剤でも自然乾燥より加熱乾燥のほうが格段に性能が上がると思います、とご説明させて頂きました。

オーナー様からお車の保管状況やお手入れ方法などをお聞きした結果、低撥水、防汚タイプのコーティングをおすすめさせて頂きました。このコーティング剤は撥水性のガラスコーティングに比べ水切れ性に優れていることから、排水性と称しております。ウォータースポットや水垢が付きにくいタイプのコーティングです。

新車とは言え、しっかりとボディーを磨き込んでからコーティング剤を塗布します。
コーティング作業の後は、塗装・乾燥ブースにクラウンを入れて、60℃×1時間の加熱乾燥を行います。
この熱処理よりコーティング被膜の硬化が促進され、一層強固な被膜が完成するのです。

ボディーコーティング施工後の日常のお手入れは水洗い洗車で充分です。また付属のメンテナンスコンディショナーを月に1回程度お使い頂くとガラスコーティングの効果が一層長持ちします。

このたびはインターパシフィックにお車のボディー コーティングの施工をご用命下さり、誠にありがとうございました。ピカピカになったトヨタ クラウン、大切にお乗りください。


お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ