第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

トヨタ クラウン ボディーコーティング施工

2

神奈川県横須賀市にお住まいのお客様よりトヨタクラウンのボディーコーティングの施工を依頼されましたので、ご紹介します。

抜け道に迷って慌てていて左側面をぶつけてしまい、お客様の車両保険を使ってクラウンを修理しました。

3

せっかくクラウンをきれいに修理するのだから、この際コーティングをかけてピカピカにしたいとのご要望で板金塗装作業完了後にボディーガラスコーティングを施工させていただきました。

4

洗車の後、ボディーに付着している鉄粉や異物をトラップ粘土で丹念に除去します。

クラウンのボディー表面はかなりザラザラしていました。

5

鉄粉が着くのはボディーの塗面だけではありません。ウインドウガラスにも付着するんです。

6

鉄粉除去が済むと、ボディーの磨き作業となります。

特殊な光源のもと、塗膜の傷を確認しながら作業します。

ポリッシャー、バフ、コンパウンドの組合せを変えて、粗磨きで傷を磨き落とし、仕上げ磨きでバフ目を取り除き、ぴかぴかの塗面に仕上げていきます。

7

細部はミニポリッシャーを使って仕上げます。

コーティング施工のクオリティーは何と言いましても磨きにかける手間と技術で決まります。

インターパシフィックの焼付コーティングは朝お預かりして、夕方お引き渡しというわけにはまいりません。

お車を3~4日お預かりしてとにかく磨きに時間をかけます。

 

8

磨き作業が終わるとコーティング剤を塗り込みます。今回は水切れが良く、防汚性能に優れたガラスコーティングを施工しました。

最後の仕上げはクラウンを塗装・乾燥ブースに入れて60℃×1時間の焼付です。これにより、最高レベルのコーティング被膜を完成させることができます。

お客様にも見違えるほど綺麗になったと満足して頂けました。

このたびはインターパシフィックにトヨタ クラウンの板金塗装とボディーコーティングをご依頼頂き、誠にありがとうございました。

ピカピカなクラウン、大切にお乗りください。

 


2013年6月5日 | トヨタ コーティング

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ