第三京浜川崎インターから車で5分
HOME コーティング事例 焼付コーティング 施工料金 板金塗装 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 塗装を知り尽くした職人が生んだ最新技術「焼付コーティング」

焼付コーティングとは

焼付コーティング

インターパシフィックではガラスコーティングの被膜性能を最大限に引き出すために、コーティング施工後、車を塗装乾燥ブースの中に入れて、60℃×1時間の強制加熱乾燥を行っております。加熱乾燥によってコーティング被膜の化学結合を促進させ、耐久性に、より優れた被膜を完成させることができます。

ボディー コーティングの欠点と対策

ボディー コーティングの欠点と施工の現状

ガラス系コーティングには施工後の初期段階で雨ジミが付きやすいという欠点があります。雨や洗車後の不十分な水滴の拭き取りによって、白い輪状のシミがボンネット、ルーフ、トランクといった車のボディーの水平面に付着しやすくなるのです。

ガラス コーティングメーカー各社の施工マニュアルを見ても、ボディー ガラス コーティングは施工直後の一定時間、水濡れに注意するよう明記されていることが多いのです。それはコーティングの被膜の硬化には、充分な時間が必要であるということを意味します。

加熱乾燥の設備を完備していない多くのカーディーラーやコーティング施行店ではメーカーのマニュアル通りに、一定時間水に濡れないように自然乾燥させ、納車しているというのが現状です。

加熱乾燥の必要性と効果

車の塗料は充分に乾燥させなくては硬化しません。しかし、自然乾燥だけでは溶剤分を揮発させることはできても、塗料を完全に硬化させることはできません。塗料は加熱することによって、化学反応を伴い硬化するのです。インターパシフィックではデュポン、スタンドックスという2種類の高級塗料を使用しておりますが、乾燥条件を60℃×1時間と設定しております。

ボディー ガラス コーティングにおきましても、硬化に一定の時間を要するガラス系皮膜が自然乾燥だけで充分に硬化し、高い性能を発揮するとはとても考えられず、塗料同様に強制的な加熱乾燥が必要不可欠です。

コーティング施行後に充分な加熱乾燥を行えば、初期段階の雨ジミ対策に効果を発揮するばかりか、コーティング皮膜の化学結合を促進させ、耐久性により優れた被膜を完成させることができます。

当社のこだわり

インターパシフィックではガラス系コーティングの欠点を補い、ガラス系被膜の性能を最大限に引き出すためにコーティング施工後、塗装&乾燥ブースの中に車を入れて塗料の乾燥条件と同じ60℃×1時間の加熱乾燥を行っており、これを焼付コーティングと称しております。

焼付コーティング2

車をブースの中に入れてスイッチONすれば、バーナーが着火し、15分ほどでブース内は目標温度(60℃)に達します。あとは1時間後に車をブースから出して、クールダウンさせれば完了です。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

このページの先頭へ